お金を取り分けて節約生活




お金を目的別に取り分けて節約習慣
お金を借りるならコチラ!

毎月、余裕のあるお給料をもらっている人は少ないはずです。
その限られたお給料で生活しなければならないのですから、上手にお金を節約することを学ばなければなりません。
お金が足りなくなったりしないために、お給料をもらったなら、最初から支払わなければならないお金と食費やお小遣い、貯金するお金などを取り分けておくようにしましょう。
たとえば、お給料が17万円あるとしたら、家賃に7万円、光熱費などに2万円、車のローンと維持費に3万円、その他の支払いやローンに1万5千円取り分けるとしたら、あと残った3万5千円を食費やお小遣いにあてることができます。
こうやって取り分けることで、17万円のお金があると思っていたのが、3万5千円しかないということに気づくようになります。
そうなると、いままではジュースやお菓子を買うのに平気でお金を使っていたのに、なんだかもったいなく思えるようになってきます。
そう思うようになることが大切なんです。
そう思うようになると、これからは気をつけて節約していこうと思えるからです。
そして、最初に支払いに取り分けたお金に手をつけて使ってしまったりしては絶対にいけませんよ。

お金に困ったアナタにお得な情報!

アコム>24Hお申込OK
即日融資も可能



TOPへ
お金お助け特典情報部屋

(C)Twin-Tail